FC2ブログ

"Pipe Stone" Pendant Head... done!!







Pipe Stone Pendant Head 2 logo ver

"Pipe Stone" Pendant Head

Material: Silver 950, Pipe Stone






Pipe Stone Pendant Head 3 logo ver







Pipe Stone Pendant Head 1 logo ver


今回は久々のSilver workです。

Pipe Stoneを切り出し、研磨してルースに仕上げ、

ペンダントヘッドを制作してみました。

Pipe StoneはLakotaの言い伝えでは先祖の血で出来た石だと言われてます。

その昔々、全ての生き物が共存してる中で二本足の人間は欲深になり

傲慢で怠惰な有様を見かねたGreat Spiritは大洪水を起し

部族の全ての人々は逆巻く水に飲み込まれたそうです。

その濁流に押しつぶされ、流された人々はある一か所に集中し

血溜まりが出来、やがてそれが固まり石になりました。

それがPipe Stoneだと言われています。

その石でWhite Buffalo Calf Womanがもたらしたという

彼等にとって重要なピース・パイプが作られてるのは

皆さんもご存知の通りでしょう。



コレを制作するにあたって、キッカケがありました。

友人の日本画家、池山れいさんの作品を拝見させて頂いた時に

非常に感銘を受けまして、そこからインスピレーションを受けたのです。

現在京都のアートギャラリー北野にて「ジパン具 vol.11」という

日本古来から使用されている具絵具と技法を使用することを主とした

日本画家さん達のグループ展が開催されてるのですが

彼女はそのメンバーであり、今回のテーマは「赤」だそうで。

「青」という色彩を表現する作家の彼女にとっては大変なテーマ。

実際に相当大変な思いで取り組んでいました。

魂を削って産み出した彼女の「赤」の作品を見た時、

その作品達にパイプストーンの様なフィーリングを感じ

感銘と共に一連のパイプストーンの話をさせて頂いたところ

非常に喜んでくれました。

「赤」を題材にした展覧会で、そのパイプストーンを身に付けて頂きたく

今回制作する運びとなった訳なのです。

まだ送り届ける前に、このペンダントを見た彼女は


「吸い込まれるような深い赤。

強くて優しい印象でじっと見入ってしまいます。

自然ていうのは本当にすごい。

それらと寄り添い、感謝し、己より上の存在と敬服しつつ

共に生きてきた時代の人々が持っていた心を

今の時代を生きる私達が、ほんの少しでも

継承していけたらいいなと感じています。」


斯様な感想を綴ってくれました。

ちゃんと根底にある真ん中の部分を感じる感性に

改めて敬服した次第です。

前述に記載した通り、現在「ジパン具 vol.11」は5日迄開催中です。

ぜひ興味のある方は是非足を運んでみては如何でしょうか。

是非彼女の渾身の作品達を御覧になって下さい。




~ジパン具 vol.11~

「守・破・離」具で描く日本画展。

会期:2018年10月31日(水) - 11月05日(月)

時間:11:00 - 19:00 (最終日 17:00)

会場:2階

出展:池山れい、加藤ゆず、中野一義、福井安紀、福元なおんど、

    藤岡雅人、堀井利香、松村年恒、宮本明


https://www.gallery-kitano.com/exhibition.aspx ← Click







18 10 30 1









人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト



Profile

winkte

Author:winkte

translater
Mail
Main Web Site
Facebook
WINKTEが買えるトコ
Calendar 2020
Recommend Books
Link
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Access Count
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR