FC2ブログ

どっちも目がチカチカするけどね。



                                                               



毎度どうも。



                                                              



夏ですな。Summerですな。そして熱帯夜ですな。



時計を見れば3:34amです。



良い子は寝る時間です。。。しかしオイラは悪い子なんでBeerを飲みながら



本Blog  を執筆している訳です、ハイ。



こないだのKicking BearやKoyote Shouldr Bagの様なリアリスティック系の作品。



オイラは画像をworkと同じ大きさに印刷して、それを元にアウトラインだけ決めて



後は革に直で下書きをしてBeadingという手法を採っていますが、



通常はRunning Styleが一般的でしょう。



まあ、コレは以前にも説明したんですが、Runningでやるにも写真をBeadsに



置き換えてドット化しなくてはならない訳だ。



そんな話をコメでLinkを貼らせて頂いているAISYAさんと話してたら、



「以前お店でこんなの扱ってましたよ」と。



それは、ビーズの升目を透明の薄いプラスチックに印刷したものがあって



それを宛がうとアラ不思議、どんな写真もドット化が可能なテンプレートとの事。



昔、雑誌に付属していたソノシートよろしくなアナログっぷりに惹かれまして



AISYAさんから残っていた在庫を購入しました次第です。



                                                               



Dvc00241



コレです、ババン。



                                                            



中を開くと、



                                                              



Dvc00242



こんな感じや、



                                                              



Dvc00243



こんな風やら



                                                              



Dvc00244



斯様な感じにグラフペーパーが付いてたりします。



で、画期的なドット化機能はと申しますと・・・



                                                            



Dvc00245



丁度側にあったこの本で試しましょう。



この上にシートをパサっと被せますと・・・



                                                            



Dvc00246



まあ、何と言う事でしょう。



写真があっという間にドット化に。



                                                               



Dvc00247



ちゃんとそれなりに見えますね。



ビーズのサイズごとの調整は、写真の方を拡大縮小で調整というアナログっぷり(笑)



これが発売された時は画期的だったんだろうと。



                                                               



ちなみに対極にあるハイテクな方はコチラ。



http://www.beadtool.net/



興味がある人はダウンロードしてみて下さい。



コチラは流石にハイテクなんで便利ではあります。まあ前述の本の様な味は無いですが



写真をドット化する以外にも自分で任意のビーズパターンを作ることが出来ます。





                                                              



                                                             



~~~~~~~~~~~~~~~



                                                             



                                                           



熱々の炎天下ですが、夏の日差しを堪能しつつハンバーガーを食べに行ってきました。



OATMAN DINER



                                                              



Dvc00234



店構えはこんな感じ。



                                                             



Dvc00237



で、ハンバーガーはこんな感じ、ドドン。



ちなみにコイツはチーズバーガー。チーズが二種類から選べるという事で



オイラはチェダーをチョイス。



味の方はというと、まあこんな感じかなって(笑)



川越に居ながらアメリカンな雰囲気は味わえるのでイイかもね。



次はBeerと共に他のバーガーを試してみましょうか。



                                                              



Dvc00239



                                                             



                                                             



まだまだ暑さは続きますが皆さんも体調を崩さない様気を付けつつ



海だの山だの宇宙だの夏を満喫して下さい。



                                                              



そんなこんなで今回はこの辺で。



                                                           



                                                          



ではでは。



                                                             



                                                              



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ                                         

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

そういえば飛行機でも日系のC・Aで何か威圧的な人が居て
妙に恐ろしかったし。
で、そうゆう人に限って、自分の座ってるエリア担当。。。(笑

そう考えると、ホント日本のサービス業は
スゴイですよね。
海外から来た人に評価されて当たり前ですな。

No title

>スマイル0円は日本だけらしいですな(笑

確かに…(-_-;)
私はラピッドシティのマックにインディアンのアダプテッド・ブラザーと一緒に入ったら、無視されて注文聞いて貰えませんでしたよ。
この時はかなりムカつきました。

No title

封を開けたとき「スゲーもん買っちゃったなあ」って思いましたよ(爆
何か使えそうには見えますよねww
まあ、いずれ使ってみます、きっと、多分。
でも、ソフト使うと便利だけど、きっちり変換しすぎて
完成した時の感動が半減しそうじゃないですか?アレは。

あのハンバーガーのサイズはそこそこですww
近くにあるバーガーキングのワッパーの方がデカイかも(笑
まあ雰囲気という事で。
確かにアメリカのマックは大きいですよね。シカゴで買ったんですが、
いかんせん店員の態度が悪かったなあ。。
スマイル0円は日本だけらしいですな(笑

No title

オハハ…^_^;
やっぱ 良い具合のアナログっぷりですね~(大爆)
だけど、こうして見てみると 使えそうにも見える…--;
是非これで 作ってみて欲しいですよ。(笑)
ちなみに私は使った事ないです。(笑)
パソコンでモザイク処理した方が早いしね~(笑)

アメリカンなダイナーで良い感じですね~
サイズもアメリカン?
そう言えば…アメリカのマックのバーガーは日本のに比べると かなり大きいですよね。(笑)
Profile

winkte

Author:winkte

translater
Mail
Main Web Site
Facebook
WINKTEが買えるトコ
Calendar 2020
Recommend Books
Link
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Access Count
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR