FC2ブログ

Two Legs Beaded Pouch "Kicking Bear"



                                                            



毎度どうも。



                                                             



関東まで概ね梅雨明け宣言がでましたね。



これから夏本番と言いたいトコですが、なにせ節電。



オマケにこの上ない酷暑。。。



今年の夏は色んな意味で厳しい雰囲気ですな。



そんな夏でもやはり夏は夏。



夏の夕焼け雲が綺麗だったので思わず撮りました。



                                                          



Dvc00199                             



                                                            



                                                            



と、話は変わってやっと作品の方も仕上がりました。



チョイチョイとは画像をUPしていったので、余り新鮮味が無いと思いますがね。



                                                            



Kicking_bear_01



Two Legs Beaded Pouch  "Kicking Bear"



                                                            



Kicking_bear_02



                                                                              



Kicking_bear_1



                                                                 





Kicking_bear_3_2



後ろはこんな感じにババン。



                                                                 



Kicking_bear_6



今回、二股の足にはGerman Silverを使用。



サークルはスタンピングですがラインにはRocker-Engravingを施してみました。



Seed Beadsはチェコとフランス製を使用。



Beadingを額に入った写真だとして、フレーム部は11/0。



写真部分は13/0、14/0を使用。



サイズを分ける事でジオメトリック・デザインのフレーム部とメインの部分とで



奥行き的な表現も出来るかなと思ったんですがね。



こういったリアリスティックなビーズワークは以前Coyote Shoulder Bagではやってますが、



コレを叩き上げとして、次は人物を表現したかったのです。



Marcus Amerman氏や、Jackie Larson Breadさんの様にね。



で、どんな人物を・・・と言う事で色々漁ってたら、Kicking Bearがオイラの



目の前に現れたのですよ。



Sherman Alexieの小説に出てくるLakota顔のイメージそのままに。



現れたというよりは、目が合っちゃったという方が正しいかな。



怖いアンちゃんとさ(笑)



まあ、形にはなったと思います。



ともかく今回は特に各工程、一切の妥協を許す事無く制作した次第です。



巷では最近、よく「製品」と「作品」を何か履き違えてるんじゃないの?って



方々がチラホラ目に付きます。



その人なりのスタイル云々はあるのでしょうが。



コレは自分なりに「作品」とは・・・と言うモノを提示出来たと思います。



・・・とは言えども、完成してから見ると「次はあーしよう。」「ココはこーしよう。」



等と次の課題が見えてきますね(笑)



ちなみにKicking Bearについて知らない人は各自調べて下さい。



だって、書くの面倒くさいからさ、ウハハ。



                                                             



世の中には更に素晴らしいモノを作る人がワンサカ居る。



最近、Facebookで知り合いになったのが彼女。



ANGELA SWEDBERG



前から作品だけは見た事あるヤツが多々あったのだが、彼女が作ってた訳だ。



いやあ、ゴイスーです。ワクワクするもんな!!



しかも彼女はイイ人です。



皆さんも是非チェックしてみて下さい:)



オイラもまだまだ翼を休める時ではございやせんな。



もっともっと上に向かって飛ばないと。



そういえば今回のKicking Bearは作品モノなので、行き先が決まってません。



我こそはという酔狂な取り扱い先が居てくれれば良いんだけどね。



なので暫くは手元に置いておきます。



                                                            



そんなこんなで今回はコレにて。



                                                          



                                                            



ではでは。



                                                             



                                                              



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

でしょ~(笑

No title

>大川さん

有難うございます。

大川さんの熱いコメントでオイラが熱中症にかかりそうですわww
周りに誤解されないかね・・・(爆

まあ、気張らず我が道を進み作り上げていくだけなんでね:)

その中で期待して頂ければ嬉しい限りです。
まだまだやりますよ~!

ちなみにポジションはベンチウォーマー希望でwww

No title

>AISYAさん

有難うございます。

お陰様で完成しましたよ~:)
いかんせん、余韻に浸る間も無く次の事を考えてます(笑

Angelaさんカッコイイですよね!
こないだFacebookにバッファローの肉と絹さや(?)でレッド・カレーの
写真載せてました。
超旨そうでした。
なんかAISYAさんと共通してますねと思いましたよ。

>ホントは作りたいけど 日本では絶対に受注がないですよね…(-_-;)

う~ん、確かにねえ・・・。
日本でインディアン好きっていっても、大半が「インディアン」じゃなくて、
「インディアン・ジュエリー」が好きなだけ。
だからNavajoとHopiとZuniしか知らないみたいな(笑
ジュエリー作家の名前はよく知ってるけど、他の部族の
名前すら知らんヒトいますもんね。。。

おっと、オイラとした事がつい口から毒が漏れてしまいましたwww

まあ、次も頑張りますんで期待しないで(?)待っていて下さい!

No title

こないだは結構飲まれてたようですねww
たまにはそんな夜もイイじゃない(笑

そうです、やっと完成した次第です。
ちなみに今回二股パターンを使用した訳は、ちょうど胴の部分が
縦長の写真の様な形状をしてたのと、二股についてる脚。
コレがキモだったのですよ。
二股の脚でKicking Bear。。。なんてねLOL

まあ、ループと脚の先の見切れてる部分は今度ウチに来る時にでも
ご確認下さい:)

Angelaさん素晴らしいですよね。
19世紀辺りのAuthentic・styleで素材もちゃんと踏襲して作られてるそうで。
PlainsのみならずPlato方面まで。
てか、オイラなんてライバルにもなれませんwww
有象無象の内の一人ですわww
あ、ちなみに二股の脚でKickのくだりをAngelaさんに説明したら
「私もダジャレは好きよ」と受けてました。

ではオイラもこの辺りでドロンします。

No title

完成 おめでとうござます。\(^o^)/

いや~、カッコイイ!
こういうの好きですよ、ワタシ。
手を抜く事無くゴール出来ると 達成感ありますよね~

ANGELA SWEDBERGさんの作品 見てみました。
北部の系統のデザインですよね?
こういうのも良いんですよね~
私はビーズワークも好きですけど、こういうインディアン・クラフトのディティールが好きなので たまらないです。^^
ホントは作りたいけど 日本では絶対に受注がないですよね…(-_-;)

さてさて、NAKATAさんが次に手掛けるのは何でしょう…
楽しみだわ~^^
Profile

winkte

Author:winkte

translater
Mail
Main Web Site
Facebook
WINKTEが買えるトコ
Calendar 2020
Recommend Books
Link
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Access Count
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR