FC2ブログ

600mile Over



                                                               



毎度どうも。



                                                              



やっと時差ボケも治って参りました。



つうか、結構シンドイね。次回はもうチョット解消できる様にしないと。



                                                              



そんなこんなでSouth Dakotaに行ってきましたんで、その道中で撮った



景色なんぞをUPしておきます。



ホントはSeattle経由でDenverまで行って一晩過ごしたんですが、



まあ敢えて割愛ですな。



                                                              





Img_1845



これはDenverからRapid Cityに行く途中の機内から。



なるほど、Great Plainsの意味がよく解る。



Img_1851



Badlands。



Img_1852



Img_1853



喉が渇いたので途中のBARで何か飲み物を調達しようと寄ってみたのですな。



ココはハーレー乗りのスポットらしく一緒に居た夫婦らしき4人組の御一行様と



店に入ったんですよ。



店の方も、人が来たからやっとこ開けるというノンビリっぷりがまた何とも。



薄暗い中には髭のオーナーと犬が二匹。



店内はバイカー達が張っていったメッセージ入りの$1で天井がびっしり。



そんな店のオーナーがオイラのしていたお手製のビーズのバングルを見つけると



「イイのしてるじゃないか」と声を掛けてくれた。



「自分で作ったんだよ」というと「ホントか?!じゃあコッチ来な」と彼が言いつつ



店の奥のコーナーの電気を付けてくれるとコレクション・ブースが。



Img_1854



Img_1855



「Sioux Indianが作ったものだ」と言いながら見せてくれました。



まあコレはその一部だけど、楽しかったな。



そしたらハーレーのオッちゃんが「おごってやるよ」とコーラをオイラに。



それがまた旨かったなあ。。。



DVC00052.jpg

そしてWounded Kneeへ。



そういえばここら辺では蝶がやけに多く居たように感じた。



日本でも古くから蝶は御霊として例えられていたそうな。



などと考えると、確かにそうなのかもなと思う。



Dvc00122



DVC00051.jpg


Dvc00123



Scenic。



                                                                     



とまあこんな感じでSouth Dakotaの1日目は過ぎていきました。



とにかく素晴らしかった。





Dvc00140_2



                                                              



そういえば、成田の搭乗口で飛行機を待ってると、「綺麗ですね」と



バングルを見て、品の良い初老の女性が登録カードを見せながら



話しかけてきてくれまして。



「ありがとう、自分が作ったモノですよ」と言うと、



「こうしてお互いの文化の交流が出来るのは素晴らしい事ですね。」



そう言いながら彼女は感心してくれました。



「どこの部族なのですか?」



オイラが尋ねると彼女は



「シャイアン・リバーのミネコンジュー出身です。そしてパインリッジに住んでいます」



とニッコリ微笑んで答えてくれました。



これから自分がサウスダコタに行き、ウンデッド・ニーに行くつもりですと伝えると



「貴方が其処へ行き、色々な事を学んでこれるように願ってます。」



そして彼女は最後に一言。                                                              





「WELCOME」



                                                            



そう。この時点でSouth Dakotaがオイラを招いてくれてる様に感じたのだよ。



まさしく、素晴らしい旅の始まりに相応しい瞬間でしたね。







他にも色んな出会いや場所があったのだけど、続きはまた機会をみて。



ちなみに今回の旅は御世話になっている方々のアドバイスや、協力のお陰だと言う事を



付け加えつつ、この場を借りて感謝させて頂きます。





そんなこんなで今回はこれにて。



                                                             



                                                             



ではでは。



                                                             



                                                              



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

winkte

Author:winkte

translater
Mail
Main Web Site
Facebook
WINKTEが買えるトコ
Calendar 2020
Recommend Books
Link
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Access Count
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR