FC2ブログ

Knockin' on Heaven's Door



                                                              



 彼女は、旅立った。



                                                              



これから自分等も行くであろう地へ、一足早く旅立った。



                                                               



彼女は友人の親友であり、家族であり、かけがえの無い支えであった。



                                                               



けれども、いつまでも色褪せる事ない



                                                               



思い出という素晴らしい贈り物を残していった事だろう。



                                                             



彼女は旅立っていった。



                                                             



セージの薫りに包まれながら。



                                                              





                                                            



F1000369                           



                                                            



                                                              



                                                              



                                                                                                          



ではでは。



                                                             



                                                               



                                                              





                                                            

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

winkte

Author:winkte

translater
Mail
Main Web Site
Facebook
WINKTEが買えるトコ
Calendar 2020
Recommend Books
Link
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Access Count
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR