米陸軍工兵隊がDAPLの現ルート承認を拒否しました。







本BlogやSNS等で報告してきたダコタアクセスパイプライン建設問題(DAPL)

新しい展開と言える情報が入りました。

U.S. Army Corps of Engineers(米国陸軍工兵隊)によりDAPLの現ルートの承認が拒否されました。

所謂、スタンディングロック・スー族の居留地近くでミズーリ川を横切る

ダコタ・アクセス・パイプライン建設ルートが却下されたと言う事です。

これから工兵隊による環境影響評価が行われますが、オバマ政権の間に

新しいルートが決まる事は無い様です。

パイプラインの建設そのものが却下された訳ではないので、新政権発足後

どの様なルートが決まるのか、いずれにしろミズーリ川を横切る事には変わりないので

今後もその動向に目を光らせなくてはならないでしょう。

しかし、Standing Rock Sioux含め先住民達の非暴力を貫く抗議の声や祈りが、

政府に届き、現況を動かしたのは紛れも無い事実です。

その歴史的な事実だけは、心から喜びたいと思います。



「The Standing Rock Sioux Tribe and all of Indian Country will be forever grateful to

the Obama Administration for this historic decision.」

Standing Rock Sioux Tribal Chairman Dave Archambault II.



8092126-3x2-940x627.jpg
Native American "water protectors" celebrate the Army Corps of Engineers' decision.
Reuters: Lucas Jackson




#NoDAPL #MniWiconi #StandingRock











人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

winkte

Author:winkte

translater
Mail
Main Web Site
Recent posts
Facebook
WINKTEが買えるトコ
Calendar 2018
Recommend Books
Link
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Access Count
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR